ドレス選びのポイント

参列者が配慮したいポイント

女性が結婚式にお呼ばれした場合、身につけるドレス選びには慎重になる必要があります。できるだけ花嫁を引き立てるために地味なドレスを着用しようと考える方もおられますが、結婚式は晴れやかな場所ですから、黒いドレスで出席するのはできるだけ避けたい事です。女性参列者が華やかなドレスで結婚式に出席した場合、新郎新婦をお祝いしている事の証ですので、素敵なドレスを選ぶようにしましょう。一方、結婚式の主役である花嫁と被るような衣装はできるだけ避けたいのも本音です。ウェディングドレスに被らないように白は避けるのが常識ですが、花嫁が何度かお色直しを行なう場合、事前に衣装の色を確認しておくのも良いでしょう。それにより、当日の花嫁を最大限に引き立てる衣装を選ぶ事ができます。

NGアイテムを確認しておく

結婚式のドレス選びに迷っている場合、ワンポイントアイテムに注目してみましょう。ドレスの色を青や紺などシックな色に抑えても、ボレロやショールを使って派手なポイントを作るようにしましょう。それだけで全体が引き立ちます。また一方、結婚式では絶対に着用してはいけない衣装が存在していますので、そうした物を知っておく事が肝心です。例えば、動物の毛皮を使ったドレスやファーは、生命の殺傷を象徴していますのでご法度です。晴れやかな場の雰囲気を壊してしまいますので気を付けましょう。他にも、ツーピースのドレスは夫婦の「別れ」を暗示していますので、着用しないのが一般的です。結婚式はフォーマルな場ですから、できるだけ縁起を考えて衣装を選びましょう。