用途に合ったプラスチック容器を選びたいなら|素材の特徴を知ろう

製品を入れる容器を決める

容器

保存性に優れた容器

製品を市場に流通させる際に使うパッケージには、紙製のものやプラスチック容器などがあります。紙製のものはコストがかからず大量に生産できる反面、水気のあるものを入れるには適していません。水分の多い製品を入れたり、品質を長期間に渡って維持したい場合には、プラスチック容器がベストな選択肢です。紙製のパッケージに比べると多少費用がかかるものの、大量に発注することでプラスチック容器のコストを下げることは可能です。透明の素材を使えば中に入った商品を消費者に見せることもできるため、飲み物のように商品本体を魅力的に見せたい時にも効果的です。健康食品や製薬業界からもプラスチック容器の評判は高く、口をしっかりと塞げるキャップの存在が評価されています。湿気の混入も防げるなど、内容物である製品の価値が高くなるほどプラスチック容器は選ばれています。価格は容器の形状やサイズ、使われる材料などによって変わってきます。ポリエチレンを使った容器などはコスト的に非常に安く、サイズの小さなものであれば1個あたり20円前後で発注できます。容量の大きな容器、例えば1リットル入るものなどは、1個あたり90円ほどとなります。透明性に優れた塩化ビニール製の容器は若干価格も高く、1リットルのもので1個あたり120円を超えます。キャップの形状もプラスチック容器の価格を左右します。最も単純なネジ式のキャップなら安く作れる一方、フタをなくさないようヒンジが付いているものや、中身を出す時に量を調節しやすいよう細口になっているものは、その分料金が高くなります。

人気記事

倉庫

パレットの使い道

物流業界で使用されているパレットですが、昨今では新品だけでなく中古パレットも多く流通するようになりました。中古パレットも物流業界だけでなくDIYなどで使用されるようになってきています。中古パレットは、材料費も安価で使用用途も増えてきています。

資材

製造にかかる時間を短縮

金沢市の金属加工業者は最新設備を導入して、効率的に金属加工を行ってくれるだけでなく、検査機器の性能でも信頼されています。損傷しにくいパーツを大量に発注したいという時にも頼りやすい金属加工業者として好評です。